激務で知られるプログラマーの年収

激務で知られるプログラマーの年収は、600万~700万円程度だと言われています。
月残業が100時間を超えるなど、激務な日々が続いた場合においては、800万~900万円程度まで増えることもあります。プログラマーにも種類があるので、それによっても激務の度合いが異なります。

発売日が予告されていたり、トレンドを取り入れる必要がある場合においては、納期が短い為に月残業が100~200時間程度になる場合もあります。
逆に、月残業が20時間程度しかない場合もあります。年収は、仕事内容だけではなく、労働時間によって大きく変動するので、プログラマーの年収は基本的に高い水準を誇っています。

また、それだけの労働時間でありながら、年収400万円未満である場合においては、給与水準が非常に低い会社と言えます。作り出したアプリやゲームは、販売数によっては数億~数十億円もの利益を生み出すので、それだけ高い給与水準であることは当然と言えます。
そして、計画や立案は別の業種の人物が行うので、それらの計画の遅れによって納期が極端に短くなってしまい、長時間労働を強いられることになる場合もあります。

専門的なスキルが必要である分、それぞれのスキルの高さによって待遇も変わります。その為に、プロジェクトリーダーにもなれば、年収1000万円も夢ではありません。
仕事内容、納期、計画の進行状況に応じて、年収は大きく変動することを覚えておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です