室内にこもっているプログラマー

基本的に人間よりパソコンと向き合うことが多いプログラマーですが、その仕事は人間相手のものと同じく納期に追われ、顧客と会話するところを、プログラミングした文字列と会話するように何時間も眺め続けるデスクワークです。オフィスのシステムと契約しているプログラマーたちには、終業後から終業前までの深夜から早朝に仕事をし、不具合があれば駆けつけると息もつけないような激務をこなす人も少なくはありません。

また、学生から社会人まで、様々な人が遊んでいるソーシャルゲームなどのメンテナンスやデータ更新もプログラマーたちの仕事です。そんな仕事ですから、人より画面と向き合う時間が長いとはいえ、睡眠時間を削るような仕事で不調を起こしたり、デスクワークで腰痛を患う人も少なくないものです。
もちろん、納期が間近ではない場合、ゆとりのある仕事をしているエンジニアもいますが、それはどの職業でも同じことです。

また、アプリ制作などは競争率の高いベンチャー起業ですので、労働そのものより賃金の問題で、本業だけでは生業として生きていくのがきついという人もいます。
どのような職業にも良し悪しがあり、悪い面を見ると自分の仕事が一番大変だと思いがちですが、会社勤めの人がクタクタに疲れて帰宅する頃、エンジニアがその会社で仕事をしていたりと支えあって出来ているので、仕事のつながりでできた縁の人でも、気遣ってみると良いことが返ってくるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です