プログラマーに共通して必要となる手際よさ

プログラミングスキルを駆使して、新しいプログラムの作成を行うことにより、様々な情報機器上で動作させることができるプログラマーの仕事は、創造的で仕事による価値の生産性が高いものです。
その仕事の内容は現場によって大きく異なり、必要とされるスキルも体力的要求も大きく現場に依存しています。一般的な理解として、プログラマーは連日激務をこなさなければならない状況に立たされており、残業や休日出勤を繰り返すことによって、できるだけ早くプログラムを完成させるように励まなければならないというものがあります。

これが正しい現場も多く、IT系の企業において新規なシステム開発を行っている現場においてはそういった傾向が強いです。新規性が重要視されるため、他社との競争が激しいことに加え、開発において最終段階にあたるのがプログラミングとなっているからです。
こういった現場では最適なプログラミング言語を見いだし、手際よくプログラミングを行っていくスキルが必要とされるとともに、体力的要求も大きいことになります。

一方、現場での開発作業において、プログラミングが最後の段階になるとは限らない場合には、さほど激務とならないことも多いです。Web制作のように文章やイラスト等の様々なものを準備して組み上げていく制作現場においては、プログラマーに最終的な速さの負担がかかることが稀だからです。
こういった現場では体力的要求は少ないものの、プログラミングの手際よさは要求されます。要は、どの職業にも通ずる?忙期は忙しいといった具合いに、工程や現場、納期で忙しさは異なるため、激務脱出のための効率的な仕事術を身につける必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です