プログラマーの光と影のギャップとその現実

プログラマーの仕事というと、最新のアプリケーションやwebサイト開発などが知られ、華やかなイメージがあります。同時に、「キツイ、給料安い、帰れない」ということで、現代における新3Kなどと言われたりもします。
平均年収は一般のサラリーマンと比べて決して安いわけではないのですが、とにかく残業が多いので時給換算すると恐ろしく安くなってしまうというわけです。
その光と影のギャップはめまいを覚えるほどですが、それではIT企業の職場はすべて新3Kと言われる状況にあるかというと、決してそんなことはありません。

毎日のように残業が続くような所はマネジメント失敗している企業で、プログラマーがパフォーマンスを発揮するのにふさわしい職場とは言えないでしょう。全体的に見ても、かつてその激務が社会問題になったために今では職場環境の改善もすすみ、噂されるような激務はごく一部のブラック企業を除けば影を潜めています。
とはいえ、他の業種と比べるとまだまだ従業員に負荷のかかる仕事であることは否定できません。

開発を長いスパンで行っている企業は、仕様が決まるまでは比較的暇なのですが、工程がプログラマーに手渡されるとたちまち忙しくなります。その開発のピーク時は、やはり激務と言っても差し支えありません。
したがって、これからIT業界を目指す人は、過剰に恐れる必要はありませんが、ある程度の大変さは覚悟しておいた方がよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です